​松山じょえる

日頃、タクシー稼業をしており、

チャンスとお客さんを探しております。


酒、音楽、映画を愛する44才独身野郎ですが、

『酔いどれからの伝言』をよろしくロック!

2017/09/21

右手に持ってるものは、常に危険が付きまとい、知らない壁に手を突っ込んでしまう。

いったいいつまで続くこの意味のない世界。
 

あらゆる考えが何者かにフタをされみんなが待ち望んでいる爆発の瞬間。

昨日の自分に負けるかな?そう問いただすだけで負けている。
 

テーブルを挟んでコーヒーを飲みながらそのまま深海へと沈みこみ、

誰も見た事ない世界で語り合いたい。

自分が愚かなのはわかっている。次の扉を開けても答えは同じ...

2017/02/20

僕は泣かない。

君も泣かない。

だから君を泣かせたりしない。

僕の顔をのぞきこんで訳なんか訊かないで。

僕が上の空の頃、君はどこに行ってるの?

名前もわからない乗り物に乗って作り笑顔で走ってるはず。

僕は僕でズタボロで走ってる。
 

もうそろそろやめにしない?

変な距離感で走ってるの。

どうせ、アクセル踏み込んで

どこかの交差点で交わるから。
 

ほら、もう夜が明けてきたよ。

お互いお気に入りのラジオで

車をゆらして行こう...

2017/01/21

俺は戦う男、そうさ俺はファイテングマン!
どんな悪党が来ようとぶっ飛ばしてみせる。
俺には次のステージが待っている。
そんな奴等に付き合ってる暇はねぇ!

どこのどいつか知らねぇが、このままで済むと思うなよ!
どんな気分何かクソくらえだ!
顔に傷1つもない奴が拳を握れるのかい?
突っ走って行くだけ、後はもう突っ走って行くだけ!

 

俺は戦う男、そうさ俺はファイテングマン!

2016/12/20

わかってるんだ、自分の殻に閉じこもってる程バカな事はないって。
どうせ、音を出して液体が流れ出る。


すぐそこなのに歩かないの?
力がないなら酒の力を借りたらいいやん?

 

あなたはあなたの選んだ道へ僕はそれをはすに見て違う道に。

どちらが正しいなんて知った事じゃない。

誰かの夜に心の中で乾杯して、僕は越えられない夜に胡座をかく。
明日からも死んでいくのに。


いったいどれだけの時間を費やせば君の隣で眠りに...

2016/11/20

いつになったら、あなたの様な音が出せるのかな。

永久のパスポートで今日も何処かの吟遊詩人みたいにステージで歌ってる。
 

僕のそわそわしてる指先がいつもあなたの音でそこに導いてくれ、

鍵盤から溢れだす音符達が螺旋状で僕をやさしく包んでくれた。
 

どうかいつまでも歌っておくれ。
いつも僕の側で歌っておくれ。
僕の事を誰も知らないバーでも歌っておくれ。

 

だから、今宵もどこかで歌っておくれ僕の心が眠りに就く...

次の5件 >

Please reload