第4回(2015.10.2)


ラジオはいいな♪ テレビはスポンサーや安倍政権を気にして自由な表現ができていない。 ラジオもDJが自由な表現ができないこともあるけど、

なんと言っても曲をかけるという表現ができる。

原発が再稼働されたときにはRCサクセションの「サマー・タイム・ブルース」が、 戦争法案のときにはニール・ヤングの「リヴィング・ウィズ・ウォー」が。 他にも反戦フォークにプロテストソング。 けっこうかかりますね。

言葉を封じられたなら「歌」で抵抗すればいい。 洗脳目的のくだらないテレビ番組よりはラジオのほうが想像力も身に付くのではないだろうか。 音楽で世界を変えることはできないかもしれないけど、

世界を変えたいときには音楽があったほうが

なんかいいなぁと思う。

最後にラジオあるある♪

ラジオで良い曲が流れてて最後にアーティスト名と曲名を聞こうとしたら

DJの英語の発音がネイティブ過ぎて聞き取れなかった・・・

あるある!

0件のコメント
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now