「2杯目」


革靴鳴らし

夜という壮大なブラインドを行脚し

   彷徨するはずがいつものカウンター。

カウンターの片隅

 人生半ば諦めかけたおっさん

   語彙地獄に溺れてどさんぴん。

右隣のおっさん

口説く単語そろそろ弾切れ

リボルバーに残った1発を

こめかみに合わせブッ放す。

左隣の初女ちゃん

女の仁義をわめき散らし

俺にボクサー並のワンツーを決め

後は二人で半ば狂った様な丁々発止が

延々続き俺はそろそろ電池切れ。

抜けるはずの無限の螺旋に絡みつき

バーを後にする。

今も聞こえるあの娘の高笑い。

今日もスズメの囀ずりを聞きながら一人眠りに就く。

0件のコメント