【第5回】 (2015.12.25)

<飽くなき探究・徘徊写真集①>

私は淡々と当てもなく歩く。

行き交う人も街も過ぎ去っていく。

寂れた街の風景は脳裏に染みる。

きっと、今、目の前に広がる風景を観れる時間はそう長くはない。

だから残すのだ。

0件のコメント
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now