第9回(2016.2.5)

かつて尾崎豊は歌った。「サラリーマンにはなりたくねぇ」 「満員電車にもみくちゃにされ」っていうフレーズも、

当時中学生だった私を不安にした。

ありがたいことに現在、そういう仕事ではないことに感謝する。

しかし、時代は変わってというかロックが死んだというか、 今はサラリーマンになって頑張れというプロパガンダが過労死や自殺という

背景を生んでるような気がする。

ファンキーモンキーベイビーズの「ヒーロー」いう歌の歌詞を抜粋してみよう。

家族にとってのヒーローになるため 転んでも立ち上がるんだぜ

満員電車のバンザイは ギブアップじゃない冤罪対策

体にムチ打って家族サービス また迎える月曜日

カカァ天下のお茶の間 第三のビールで乾杯しよう

うーん…嫌すぎるなぁ…。 J-POPシンガーに頑張れ、頑張れ言われんでも頑張ってるやろ。 休むことを許されない空気を音楽業界が作ってるし、 第三のビールって(笑)大企業の宣伝まで!

ケツメイシの「闘えサラリーマン」も終わってます。

頑張れ オレ HEY! 疲れは酒で流し込め!HEY! 不条理笑って飲み込めHEY!

なにがHEY!やねん!(笑)

ブラック企業が調子のるわ! それとサラリーマン=酒みたいなんも古いわ… ストレスからドラッグにいってるやん! アルコールはキング オブ ドラッグやからね。

かつて尾崎豊を聞いてた若者は満員電車に乗っているのだろうか

それとも「軽薄な頑張れソング」で自分を鼓舞しているのか。

これだけはハッキリ言えるけど今のJ-POPにロックの魂がのることは無いだろう。 尾崎豊の言うイヤな大人の作った社会のジャマになるから。 学校や会社に行きたくないと言えない空気。

そして過労死という言葉は日本発で世界でも「KAROUSHI」と表現される。 自殺も先進国ではトップクラス。

そしてジョン レノンが殺されてから、アーティストが与える影響というのが 権力者、支配層が恐れることだというのも証明されていることだろう。

この時代、この歳で尾崎豊をまた聴いてみたくなったなぁ。

尾崎豊/BOW!

0件のコメント