「6杯目」


見えては消える君の残像 街中に君の写真を貼り付けていつでも君を見れるようにしたい 君というのが自分の中で出来るまでの時間 トドノツマリ大声出しても同じコト あらゆる場所で心をウバッてくれた君 胸の中でウィンクしてる君 オレのコトユルシテクレタツツンでくれた君 考えているよりいい君目のオクが笑ってる君 コトバにイミがある君イッショに歌ってくれる君 どんな時でもソバにいてくれる君 人間の根底をワカッテひざまくらしてくれる君 そしていつか同じ舟に乗って同じ方向指差しくれる君。

0件のコメント
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now