「10杯目」


両足から吊るされ罪を償い

十字架を背負い歩き

カラスに身体をつつかれ

電気椅子に座り死にかけてる。

それは俺だ。

いつかラジオで聞いた

手ににぎることばにすがり

安住の地を探し求め

雨にぬれたミゾをながめて

どうせくるはずのない時間を待ってる。

それは俺だ。

街中で吠え叫んで涙して

自分のナイゾウをヒキずり出して

自分をさらけ出してザンパンをあさってる。

それは俺だ。

やることやってから胸ぐらつかめ。 やることやってからうなだれろ。 やることやってからながしこめ。 やることやってから越えていけ。

0件のコメント
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now