ノリ・その19「kucha-kucha&chari chari」

子供の笑い声や美しい歌手の声や、人から発せられる「音」というのは

癒されたり元気づけられたりするものである。 反対に人から発せられる「音」でホンマにその日を台無しにするぐらいの、

もしくは鬱病一歩手前までなりかけるぐらいの嫌な音ってあるよね。

やっぱりよくあるのは食べるときの音、kucha-kucha… あっ!カタカナで書いたらなんかムカついてくるのでローマ字で書きます。 なんかアジアの歌姫のアーティスト名っぽくなっていいかも!

kucha-kuchaやられるのもキツいがbori-boriもジワジワ効いてくるなぁ…

噛んでる奴は気持ち良さそうやけどな。 食後も油断できない。爪楊枝でshee-sheeはまだわかるけど、chuba-chuba!って何なん!

あと人前で平気で痰を吐く、khaaa!!!も嫌い。 その後にpe!!!ってやられたらホンマに嫌。 おれは人前ではせんなぁ… このセットを駅の改札の前でやるオッサンを見たときは殺意わいたね(笑)

それから鼻関係もなかなかキクわぁ。 zuru-zuruはまだええけど、ちょっとウェット感のあるduru-duruはあかん… 勢いある奴はduru-ru-ru-ru!!!って攻撃してくるんや。

よくTSUTAYAとか図書館でこれをやられたら選んだCDや本置いて帰りたくなるなぁ。

それから地味に鼻息のsuu-uuも嫌。

口笛も嫌やなぁ…特にオッサンの。しかもレベルが高いほどムカつくのなんでやろ。

顔も腹立つんかな。

原チャリのくせにめっちゃ高音ででかい音で走ってるのも嫌やなぁ。

あとお店とかでめっちゃデカイ声で笑うやつとか…

えっ!おれって病んでる?大丈夫?

chari chari in time chari chariのサウンドは心地良いなぁ

0件のコメント