Please reload

最新記事

【モンジャクシン録音 8枚分の宇宙】

January 3, 2019

1/10
Please reload

特集記事

ノリ・その37「ミックとキースに会ったら、泣く事でLoveを伝えます」

2018/08/15

みなさんは誰かを好き過ぎて逆に喋れないってことありますか?
 


よくライブの後の物販でのサイン&握手のとき、
全然うまく喋れないですね。
「良かったです〜!」っていう凡人の言葉しか出てこず、
家に帰ってから「あの事しゃべれば良かった…」とか
「この事しゃべったら盛り上がったのに…」
ということになってしまう事もよくあります。

ソウルフラワーユニオンの中川敬さんは初めて見たときは、
あまりにもすごい眼光のため近寄れませんでした。
大好きやのに近寄れない…
(めっちゃええ人ですよ!後日、いっぱいしゃべる機会がありました!)

 


曽我部恵一さんも春一番のときに喋らせてもらいました。
(物販でCD買うとしゃべりやすい)
この時はけっこうしゃべれましたけど、後で思い返すと夜、
布団の中で「ウワァー!!!」って叫びたくなるような会話ですね。
さらに自分のCD渡してしまいましたね…何という暴挙でしょう。
「聴くよー!」って言ってくれましたけど

たぶんローズレコーズの事務所の倉庫の紙袋の中に
数多のアマチュアCDと一緒に眠ってることでしょう。

 


三宅洋平くんはめっちゃ目を見てしゃべってくれるので
めっちゃ照れましたね。
彼には聞きたいことがありすぎて、
もう何からしゃべっていいかわからんようになりましたね。
今、考えると敬語がアカンのやろね。こっちもフランクにいかないとね。
いっしょに写真を撮ってもらって喜んでたら横にいた女性に
「ホントに好きなんですねー」って言われましたね。
そんなん言うなやー!

 


当時SAKEROCKのドラマーだった伊藤大地くんが、別ユニットでライブでてたときに
「ぼくSAKE ROCKのファンなんですよ!」っていったら大地くんが
「じゃあ明日のクワトロ見にくるの?」
えっ!何それ知らん!みたいになって、まるでニワカファンやん!
ヤバイ!蛭子能収の漫画の人みたいに汗でてきたやん!ってなりましたね。
SAKEROCKはほんまに好きです!


10代の頃、ブルーハーツを聴きまくった僕は最近、
とあるイベント関係からドラマーのカジくんと電車で
梅田から西宮までいっしょ帰るいう嬉しい出来事がありましたが、
この時も緊張して上手く喋れなかったですね。
カジくんは阪神タイガースファンなので野球の話が全然できない自分を呪いましたね。
でもめっちゃ良い人でした!


でもこれもしミックジャガーやキース リチャーズが目の前現れたらどうなるんやろ?
とりあえず泣くかな。それはまるで言葉を持たない赤子のように。